ぐーたらママが家計を助けるためにチャレンジしました!


by haruhiroken0305
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近、と~っても暖かくなってきました!
暖房も使わずに、過ごせる毎日になり、とても嬉しいです。
その一方、花粉症で悩まされている人が多くなってきました。
今年は、去年の10倍の花粉だと噂されていましたので、未然に薬を飲んでる人が多かったようですが、余り効果はなかったようですね。
私は花粉症ではないので、花粉症の方の辛さがわかりませんが、
皆、本当に辛そうですよね~

私はもの凄く寒がりなので、この冬休日は家の中ですごしていました。
子供達が何処かに行きたいと言うと、近くの公園で遊ばせていましたが、
昨日は暖かかったので、何処かに出かけようと思い、富士山近くまでドライブに出かけました。
車の中はとっても暖かく、汗かき旦那は半そで運転していました。
ドライブしていると、
「富士山 こどもの国」
の看板を発見!
「ここへ言ってみようか~?」
その一言で、
「行く!行く!」
「遊びの国だ!子供の国だ!・・・・・・・・・富士山こどもの国」
と子供達がCMで聞いた事がある歌を歌い出しました。
入場料がかかるんじゃないのか?!
子供と旦那はノリノリでしたが、私は
「お金がかかるんじゃないの?パパ出してよ]
っと言いました。
「いいよ~」
だったら、いいかっ!!
早速、行き先変更をし、富士山こどもの国に出発しました。
こどもの国に着くと、駐車場から、入り口まで距離が随分ありました。
始めて行ったので、どのようなところか?全くわからなかったのですが、かなり広大な敷地のようでした。
入場料は 大人500円 子供300円
ま~これぐらいじゃあいいかっ!

中へ入っていくと、水の国、草原の国、雪の国・・・・・・
と国ごとエリアが分かれていまいた。
とりあえず、一番近い水の国に行ってみることにしました。
各エリアには、バスも巡回していましたが、金額をみると700円だったので、却下!
徒歩で行く事にしましたが・・・・・
かなり距離がありました。
疲れましたが、水の国に着くと子供達は大喜びでした。
カヌーに乗ってる家族が沢山いました。
旦那と子供達は
「カヌー乗るぞ~」
と張り切って乗り場に行くと、何と!料金は15分間無料と明記されていました。
凄い!無料なんだ~
何人で乗れるか?係員に聞いてみると、子供3人大人1人まで大丈夫だったので、
私は乗らず、子供と旦那で乗る事になり、私は待合所で待つことになりました。
乗る際、係りの人に
「今日は風が強いので、横転する危険がありますので、注意して下さい」
っと言われましたが・・・・あまり気にせず私は待合所で待っていました。
すると、奥から小学低学年の子供の家族がタオルに包まりながら出てきました。
よくみると、髪の毛は濡れていて、子供は洋服の上着だけを着ていて、下は履いていませんでした。私は気になり、様子を見ていると、どうやら、カヌーが横転し、水に落ちた様でした。

子供達が急に心配になり、湖に行き、旦那を呼び
「今日は水に落ちた家族がいるから、もうやめようよ!」
と言いましたが、楽しくカヌーで遊び続けていました。
落ちても着替えもないけど、楽しんでいるのなら、もう知らない!!
夏だったら楽しいだろうな~
もし落ちても気持ちがいいだろうし、カヌー乗り場の横には水遊びが出来る場所、
砂場遊びの場所もあるんです。
ハラハラしながら、15分間が経ち今度は次の雪の国へ行きました。
またまた、遠い道のりを歩いて行きました。

雪の国に着くと、雪がありました。
ソリ遊びをしていたり、雪遊びをしていたり、楽しそうでした。
もちろん無料です。
しかし、私達は洋服も行き遊び仕様ではなかったので、断念しました。

次にアスレチックの様な場所を発見し、家族で競争しながら、向かいました。
巨大くもの巣や滑り台があり、子供達は30分ぐらいそこで遊びました。

次に草原の国に出かけ、ポニーに乗る体験をしたり、えさやりをし遊びました。
ココまでくると、子供・大人の体力も限界に近づいていましたが、
大自然の中は空気も景色も素晴らしく、自然はいいな~って思いながら歩く事が出来ました。
普段の生活では経験の出来ない体験と、素晴らしい景色の中でとっても楽しかったです。
ここでは季節ごとに色々な体験ができ、何度来ても楽しめる場所だと思いました。
お金も入場料以外は殆どかからず、一日中楽しめます。

是非皆さんも出かけ、自然の素晴らしさを実感して見てください。
[PR]
# by haruhiroken0305 | 2008-03-17 09:55 | 日記